事業者ローンとは?

事業者ローンとは中小企業や個人事業主が事業拡大やまとまった資金の調達など事業に関する資金を借り入れすることが出来るローンのことを言います。
銀行や消費者金融にて取り扱っており審査基準は各金融機関ごとに異なります。
事業資金の借入は出来るだけ低金利が良いですが公的機関や銀行からの借入は審査基準が厳しく中々融資が受けられない可能性が非常に高いです。
その為、公的融資ではなく消費者金融などのノンバンク系で扱っている事業者ローンを活用する方が増えています。
事業者ローンは公的融資よりも圧倒的に融資が早いですから、急な資金ニーズやつなぎ融資として最適です。
その分金利は高くなりますので、長期目的ではなくあくまでも短期目的で利用するのが良いです。
資金使途は基本的に事業性資金に限られますが中には自由に利用可能なものもあります。
事業者ローンの大きなポイントとも言えるのが総量規制の対象外ということです。
総量規制は利用者の返済能力を超えた貸付を防ぐために、年収の3分の1以上の貸付を禁止するものです。
年収600万円の人であれば借入限度額は上限180万円までということになり、これを超える借り入れはできないとされています。
しかし事業者ローンは規制の対象となりませんので、上記の例で言えば180万円を超える借入も可能ということになります。
事業者ローンを総量規制の例外として利用するためには利用者本人の直近確定申告書の提出、事業計画書・収支計画書・資金計画などの提出、利用者の返済能力を超えない範囲での貸付と行った条件があります。
事業者ローンは事業者のみを対象としていますので通常のローンでは審査に通りにくい個人で事業を営む方でも審査透過率が高いことが大きなメリットです。
融資が早いのもメリットで、中には即日融資に対応しているローンもあります。詳しくはコチラ